So-net無料ブログ作成

蘭とむコンサートに思うこと。 [花組]

どうも、お久しぶりです。僕です。
最近ちょっと忙しくてヅカ活動が停滞気味で、ブログの更新が滞っておりました。
とはいえ、その間にエリザベートのガラコンに行ったので書くネタはあったんですがね(^^;)
さて、本日花組の蘭とむコンサートに行ってきたのでその感想を。
新花画像無し2.jpg

まだ観られていないかたも多数いらっしゃると思いますので、これから観られる方はこれ以降はご注意を。

公式HPによると、

蘭寿とむと蘭乃はなの花組トップコンビの魅力を最大限に生かし、
蘭寿とむの過去・現在・未来を表現したストーリーダンスやコンテンポラリー系のダンスなど
様々なダンス場面を多く盛り込んで構成したコンサート。
一筋の光の道を行く青年のイリュージョンをテーマに、
青年の追憶の詩、祈り、そして輝き、夢をショーアップします。

作・演出/酒井澄夫

蘭とむの過去・現在・未来を表現した・・・これ、出来てましたか?
構成的には2幕なのですが、1幕が40分ぐらい。
1幕を観終わった段階で・・・なにこれ??びっくりするぐらいつまらないんだけどって感じ。
季節はずれなハロウィン風なゴシック風な場面とかあったり、あれは一体なんなんでしょう?過去??

蘭とむコンサートなのに、これ蘭とむじゃなくてもできるわって内容で、
2幕の最初のよっちさんのところとかはちょっと楽しかったけど、
ブロードウェイねたではありがちなオネエな振り付けの先生・・・。
その後は・・・タカスペか?って感じ。

すみれの花咲く頃でボレロ・・・蘭とむさんがコレやりたかったっていってましたが、
本当に?って思いたくなるくらい。

観終わったときのあの“あ~よかった~”っていう高揚感まったくなし。
あ、お衣装はきれいでした!どこかで観たことあるけど・・・。

なんか、生徒さんの個性がまったく生かせてないなって思うようななショー。
あ、これコンサートでしたね・・・こんなコンサート無しだと思いますけど・・・(-_-;)

酒井先生・・・これはほんとに降格もんだって思いました。
観劇中にいらいらしてきたのなんて、久しぶり。ホントにありえないわ。

この記憶を抹消して、次のオーシャンズ、そして戦国バサラに期待します!!
そうそう、オーシャンズのポスターいい感じでしたね♪
花組エディション・・・今回も脚本・演出は小池先生・・・なら大丈夫か!?

人気ブログランキングへ ←宜しければぽちっとをお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


web拍手 by FC2

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。